トップページ>社員インタビュー
対談インタビュー
■態勢の整っている代理店に所属し、営業に専念するべきと思いました
福本 信之

新井 智(東京支社) 私達は元々、セゾン生命(GEエジソン生命、AIGエジソン生命に社名変更)に入社し、2009年にその時の仲間4名と独立して保険代理店を立ち上げました。

福本 信之(東京支社) しかし、代理店の法改正、態勢整備の対応等、少ない人数ではやっていけないと感じ、この仕事を長く続けていく為には態勢の整っている代理店に所属し、営業に専念するべきと思いました。ソニックジャパンの事は保険会社の経営者会議で水野社長と会った事がありましたし、また前職の同僚が数人在籍しているので前から知っていました。

新井 色々な代理店を見た中で、体制整備に一番積極的だったことや、旧セゾン生命の時の仲間がソニックジャパンに既に入社しており安心だったため、ソニックジャパンへの入社を決意しました。

■本社やクラークのバックアップがしっかりしており、営業に専念できますね
新井 智

新井 以前の代理店では営業以外の業務も全て自分で行っていましたが、ソニックジャパンは本社やクラークのバックアップがしっかりしており、営業に専念できますね。

福本 加えてやはり小さな代理店ではなく、全国規模の代理店という事でお客様の満足度・安心感は高いと思います。

新井 取り扱い保険会社が増えたことで提案の幅も増え、クラークの電話対応や事務処理等もスムーズでお客様にも満足を頂いていると思います。

■全国に優秀なエージェントが沢山いて、凄く刺激を受けています

福本 ソニックジャパンには全国に優秀なエージェントが沢山いて、凄く刺激を受けています。

新井 そうですね。ソニックジャパンはエージェントが交流する様々な機会が用意されており、全国の仲間たちと相互研鑽することが出来ることはとても楽しいしモチベーションも上がります。

福本 年に一度、全エージェントが一堂に会するコンファレンスでは、表彰式が行われたのち、テーマ別に分かれて分科会やバズセッションを行いますね。

新井 また、それ以外にも皆が自腹で集まって勉強したりする機会もありますね。

福本 色々なテーマで研究会を立ち上げ、エージェント独自で運営しお互いを高め合っています。とても刺激的です。

■未来のソニックジャパンのエージェントへ

福本 これから保険業界で生き残っていくには、販売体制や、同じ志を持った仲間、また守りも大事になります。ソニックジャパンはそこが進んでいる会社だと思います。

新井 いろいろな人が集まることで、良い刺激を受けたり発信したりして、皆で向上していけたらと思います。ご興味があれば一度、話を聞きに来てください。

 
 
トップ代表メッセージ求めるエージェント像 エージェントインタビュー特集:対談インタビュー採用要項エントリー
サポート体制社内行事ソニックジャパンの強み 成功のイメージソニックジャパンの思い会社概要プライバシーポリシー